坂東市長への要望書提出

  岩井地区理容組合は、令和2年6月2日、坂東市木村市長に面会の時間を頂き、要望書を提出してきました。

  始めに坂東市の新型コロナウイルス感染予防対策として、次亜塩素酸水の無料配布、全市民にマスクの配布といった予防対策して頂き感謝の意を表してきました。理容組合水海道支部においては感染症対策委員会を開設、公衆衛生を担う理容業、衛生管理(店舗内の清掃・消毒)の徹底周知と言うことを確認しあっての営業を行っている。また、店内の換気を良くする・電話での予約を頂く・施術椅子の間隔を空けソーシャルディスタンスを取るといった対策、しかしながら感染者が県内各地から確認されるようになり来店者の減少し、非常事態宣言発動されるとさらに減少してしまっていることを報告してきた。
 当市としては、消毒剤の無料配布はこれからも継続、新型コロナウイルス感染症に対する経済対策として、令和2年7月7日から令和3年2月28日まで消費の落ち込みの復活・拡大を目的として、坂東市プレミアム商品券を発売する。また、加盟店が換金する際に5%を上乗せして支払い、市内店舗への支援も行います。組合店さんも登録して頂き活用して頂きたいとの事でした。要望書について検討して頂けることを念じて待ち受けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + twenty =